地域マスター工務店登録運動 Webコラム

カテゴリ
全体
住まいづくりをチェック
いい工務店との家づくり 
業界コトバの散歩 
工務店ブログ探訪
住宅道具・考 
辣腕記者のヒント
野池主義でいく 
工務店業界サーチ
住まいを歩く 
工務店設計者の日々
NARB of JAPAN 
住宅ローン審査の仕組み
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いい工務店との家づくり② (株)西峰工務店 西峰 嵩
私の目指す工務店
(株)西峰工務店 西峰 嵩氏

工務店の仕事とは
 地域工務店が仕事をしていく上で、何が一番大切か? ということが最近よく社内のミーティングのテーマになります。
 従来的な考え方であれば、答えは『工務店なのだから良い家をつくるのが一番大切なことでしょう』という結論になります。完成度や品質が高くて、デザインや住み心地が良くて、コストもそれなりに低く抑えられている。そんな家をつくればお客さんは喜んで工務店の売り上げもどんどん伸びるはずです。
 ところが現実はそんな生易しいものではありません。同じように精魂こめてつくった家でもお客さんに喜んでいただける場合と逆に、お叱りをうける場合が現実にあります。
 また、経営者の視点としては会社の業績を上げるにはどうしたらよいか?ということをつい第一に考えてしまいがちです。社員や協力会社に対しても、そのような視点で物事を要求しがちです。そしてうまくいかないと社員や協力会社の努力不足のせいにしてみたり『お客さんが無理難題を言うから』と人のせいにしてしまいがちで、どうもうまくいきません。
 それではお客さんに喜んでもらいながら自社の業績を上げるにはどうしたらよいのでしょうか? それは仕事の優先順位を変えることだと思います。
 業績を上げる為の手段として顧客満足度を上げるのではなく、まずお客さんに喜んでもらう為にはどのように行動すれば良いのか?ということを毎日の仕事の第一の優先順位においておけばよいのです。
 業績が上がらない原因はお客さんが喜んでいないからだと結論づけることです。
そうすれば業績は後からついてくるのではないでしょうか。

信用と信頼ということ
 住宅はおそらく人が一生の中でする買い物の中で一番高額商品だと思います。同じような高額な商品でも自動車なんかはカタログを見て、実物を見て、そして実際に試車をしてから購入する訳ですが住宅の場合は、建売り住宅以外は現物を見て、試しに少しの間、実際に住んでみて気に入ったから購入を決める、というようなことはまず不可能に近い話です。
 それではお客さんは何を判断基準にして住宅会社を決めるのでしょうか? もちろん品質や価格ということは大前提としてある訳ですが最終的な判断基準としては依頼する会社と担当者がまず信用できて、そして永く信頼するに値する価値があるかどうか?ということをシビアに観察してから決めます。
 当然のことながら誰しも信用や信頼関係を結べない人や会社とは100円の取り引きもしたくないはずです。
 このことは私たち工務店側からお客さんを見た時にも同じことが言えるかと思います。
 工務店の仕事は家づくりを通して単に家を建てるという作業だけで終わるのではなく、人と人との信頼の和を無限に広げることのできる、極めて人間的な営みが中心の仕事であると日々、感じる毎日です。
 最後に、きのへそ工房・西峰工務店の経営理念を紹介いたします。

お客様と社会に信用され、信頼され、
尊敬される社員であり、会社である事

(株)西峰工務店 HP
[PR]
# by ju-takukoubou | 2009-04-07 18:20 | いい工務店との家づくり