地域マスター工務店登録運動 Webコラム

カテゴリ
全体
住まいづくりをチェック
いい工務店との家づくり 
業界コトバの散歩 
工務店ブログ探訪
住宅道具・考 
辣腕記者のヒント
野池主義でいく 
工務店業界サーチ
住まいを歩く 
工務店設計者の日々
NARB of JAPAN 
住宅ローン審査の仕組み
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:工務店設計者の日々( 12 )
工務店設計者の日々②
打ち合わせしていつも感じること
株式会社青木工務店 設計パートナー
薮田 紀子 ■ Noriko Yabuta

事務所と工務店、同じ設計打ち合わせのはずなのに
 設計事務所に勤めていた私だが、工務店での仕事は同じ設計とはいえ、いろんなことが違って驚いてしまうことが間々ある。
 そのひとつが施主との打ち合わせで耳にする言葉。
 こんなイメージで……と言われるのは、南欧風に北欧風、スペイン風に、料亭風、……。
 そんな要望に直面したことがなかったから、戸惑ってしまう。
 さらには、和室はエスニック風に……、などと言われると、ますます混乱するばかりである。
 わかるといえばわかるが、わからないといえばわからない。頭の中はフル回転である。
 雑誌の写真記事やメーカーの部材から家全体を発想するから、そういう表現になるのだろうか?
 その話の元になった写真など切り抜いて持ってきてくれるととてもありがたい。なるほどこんなイメージの事なのか~と、こちらも納得する。形がない漠然としたものをわかりやすく伝えるのは難しいから。

工務店設計者の役割とは?
 工務店で注文住宅をつくるということは、一から素材を選んで、大工さんがひとつひとつつくっていくということ。出来上がった家の全体からは、家族の暮らし方、好むもの、好まないもの、それぞれ個人の雰囲気が家づくりに反映され、さらにはその工務店の特色がプラスされる。
 それは言葉にできにくいものだから、建て主にその良さや他との違いを伝えるのは本当に難しい。
 建て主の希望するイメージを汲み取りながら、工務店のつくる家の「味」を活かすためには、やっぱり打ち合わせを重ねていくことしかない。そこに対話があるから、イメージを活かしつつ、自分たちらしい家になり、ただ○○風の部材の集合だけというおかしな住宅にならずにすむのだ。
 工務店の設計者としては、そんな家族の声をうまく見つけ出し、つくる側の事情とお客様のイメージの間に立ち、会話がうまく噛み合うようにすることが大切なのだ、と最近わかってきたのであります。

 最後になりましたが、金本選手904試合連続フルイニング出場おめでとうございます。私も頑張ります。
[PR]
by ju-takukoubou | 2009-04-09 11:46 | 工務店設計者の日々
工務店設計者の日々①
インフルエンザで寝込んでいたら
株式会社青木工務店 設計パートナー 
薮田 紀子

これって「オレオレ詐欺?」
 インフルエンザで寝込んでいたら、家の電話が鳴った。
「住宅考房の執筆が決まりました!」
「……あ? え?」。これってオレオレ詐欺?
 モゴモゴ返答しているうちに、思わず動揺して振り込んで……。あっ! 違う!! 動揺して引き受けることに……。
「テーマは『工務店設計者の日々』ってことで、よろしく。」
ガチャッ。ツー ツー ツー。
「あ……」
 そんなことで、しばらくのあいだ、皆様よろしくお付き合いのほどを。

工務店の設計パートナーになってみて
 長い間、設計事務所に勤めていましたが、ご縁がありまして工務店の設計パートナーとして幾つかの注文住宅のプランづくりを担当しています。
 設計者としての心構えはどこにいても同じです。そして建主の方々は、工務店・設計事務所、どちらに依頼するにしても、当然のことながら皆さん勉強熱心です。熱い打ち合わせを何度も重ねて、家族の暮らし方や好みを読み取り、設計プランを組み立てる。
 まったく知り合うこともなかったかもしれない人々と、短期間に濃縮した時間を共有する。まさに一期一会。ここまでは今までと同じ状況。
 ただ違うのは営業力の差か、設計施工一貫の強みか、ホッと一息つく間もなく、押しては寄せる波のごとく次々と、机上に新しい物件の資料が積まれていくこと。気が付けば1年間あたり設計事務所時代の何倍もの物件を設計しているではないですか? まさに千本ノック。
 あぁ、これはたいへん。工務店の設計者とは、経験・知識はもちろんのこと、気力・体力・持久力も必要不可欠なのだと改めて感じているのであります。大げさですか? でもホントそう思うのです。元気でないと気持ちのいい快適な住宅なんてつくれませんから。
 こうして工務店設計者としての私の小さな戦いは始まったのでした。
[PR]
by ju-takukoubou | 2009-04-09 11:42 | 工務店設計者の日々