地域マスター工務店登録運動 Webコラム

カテゴリ
全体
住まいづくりをチェック
いい工務店との家づくり 
業界コトバの散歩 
工務店ブログ探訪
住宅道具・考 
辣腕記者のヒント
野池主義でいく 
工務店業界サーチ
住まいを歩く 
工務店設計者の日々
NARB of JAPAN 
住宅ローン審査の仕組み
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
工務店設計者の日々⑫
町並探訪
株式会社青木工務店 設計パートナー
薮田 紀子 ■ Noriko Yabuta

変化と定着
 我家の近辺が最近なにやら騒がしい。
 駅前再開発、ゴミ焼却炉解体をはじめ、あちこちに点在していた広めの生産緑地が遺産相続のためか売却され、宅地化されていく。ほんの3年の間に、町の姿はいろいろと変化している。1000平米ほどの栗林が一気に伐採され、近々11棟の住宅がぎっしりと建つ。またその倍の広さをもつキウイ畑も伐採され、宅地化される。
 住宅街にしっくりと溶け込んでいた何気ない緑地も、更地になるととたんに殺風景なものとなる。インフラ整備が完了すると、たちまち建築着工となり、似たような住宅がパタパタと早いペースで完成していく。
 こうしてできあがる新しい住宅も、時間の経過とともに周辺に溶け込んで、なんでもない風景になっていく。以前そこがどんな景色だったのか、人の記憶も消えていくのだろう。そしてそれが、いつのまにかいつもの町並みになっていくのだ。

家と町とのつながりを考える大切さ
 景観が変化し続けても、楽しい町並み、いい町並みと感じるのはどんな町並みだろう?
 いい町に住みたいと思うとき、それはどんな場所だろう?
 長い間、親しんできたものが取り壊されて新しく変わるとき、前の方がよかったと感じることがある。馴染んできたものがそのまま好きな町並みだと感じやすいのかもしれない。また、初めての場所を訪れるとき、いい町だな、楽しい通りだなと感じるときはどうだろうか。道路の巾や街路樹の有無、統一感のある外観など、視覚的なまとまりによるところもあると思うが、いいと思える場所は、住む人々の生活の意識が外に向かっている印象が強い。
 古い住宅でも新しい住宅でも、自分たちが暮らす家の内側だけでなく、外側に意識を広げていこうとすることで、自分が町とつながり、楽しい場につながっていけるのではないだろうか? それが住む町に愛着を感じることのできる近道だと感じる。
 家と町の間を考えることが、家づくり、街づくりにとってとても大切なこと。そんなふうに、自分も町とつながり、暮らしていければ・・・と思う。

 「工務店 設計者の日々」最終回です。1年間ありがとうございました。
[PR]
by ju-takukoubou | 2009-04-09 13:35 | 工務店設計者の日々
<< NARB of JAPANの実... 工務店設計者の日々⑪ >>