地域マスター工務店登録運動 Webコラム

カテゴリ
全体
住まいづくりをチェック
いい工務店との家づくり 
業界コトバの散歩 
工務店ブログ探訪
住宅道具・考 
辣腕記者のヒント
野池主義でいく 
工務店業界サーチ
住まいを歩く 
工務店設計者の日々
NARB of JAPAN 
住宅ローン審査の仕組み
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
LOHASって何?
業界コトバの散歩⑧
LOHASって何?
岩下 繁昭

もはや軽薄に聞こえるLOHAS
 最近なにかとLOHASとかスローライフなどといった言葉が使われることが多くなってきている。しかし何でこれがLOHAS商品なのかと説明を聞いても納得できない、奇をてらった便乗商品も登場してきている。さらに住宅の分野でもスローハウジング、健康住宅、○○健康住宅なども現れ、中には○○健康法のように、その効果は科学的には検証できないが、それでも信じる人が少なくないといった、如何わしいものも出てきている。
 しかし健康的で持続可能社会のための住まいは、これからの我々の暮らしを考えると、確実に求められてくるものであるし、すでに多くの工務店がそうした住まいづくりを行ってきている。
 また今までまったく関係ない住まいづくりを推奨してきた人が、あまりにもLOHAS、LOHASと言うので、LOHASなんて言葉を使うと、そうした人と同じように軽薄に見えそうで、LOHASという言葉は使いたくないといった工務店も少なくない。

LOHASとは、健康や環境を重視したライフスタイルのことだったはず
  LOHAS(Lifestyles of Health and Sustainability)は、健康を重視し、持続可能な社会生活を心がける生活スタイルで、LOHAS、ローハス、ロハスと呼ばれている。LOHASは、アメリカの社会学者ポール・レイとシェリー・アンダーソンの『カルチュラル・クリエイティブズ』"The Cultural Creatives: How 50 Million People Are Changing the World"(2000年)という本が始まりとされている。
 この本の中で、「1970年代から大量生産、大量消費で先進工業国は便利、豊かさを手に入れる一方、1990年代には深刻な環境汚染、地球温暖化によって国や大企業も深刻で複雑な環境問題に直面し、国際的に取り組みを始めた。また従来の産業構造にとらわれないクリエイティブな仕事や企業が台頭し、新しい価値観を持つ、例えば地球環境や人間関係、社会正義、自己啓発に深い関心を寄せる人々が出現してきた。このような状況を背景に、健康や環境を重視したライフスタイルを持つ新しい消費者層が生まれてきた。」としている。

マーケティングのツールとして使われているLOHAS
 日本には、消費生活アドバイザーである大和田順子氏が、2002年9月21日付日本経済新聞でレポートしたのがきっかけとされている。しかし本場のアメリカもそうであるが、日本でもLOHASは、マーケティングのツールとして使われている。ポール・レイとシェリー・アンダーソンの『カルチュラル・クリエイティブズ』からマーケティング・ビジネスとして都合が良いところだけを切り出してきたものであるとも言える。
 そうして生まれたLOHASなライフスタイルとして、『カルチュラル・クリエイティブズ』では、次の5つが挙げられている。
①環境にやさしいライフスタイルを心掛けている。
 家庭・オフィス用エコ製品、有機・再生繊維製品、環境にやさしい電気製品、エコツーリズムとエコトラベルなど。
②持続可能な経済の実現を願っている。
 環境にやさしい建材・工業製品、再生可能エネルギー、資源高効率の製品、社会的責任投資、代替輸送手段の活用、環境マネジメントなど。
③予防医学・代替医療を心掛け、なるべく薬に頼らない。
 健康増進法、鍼、ホメオパシー、自然療法など。
④ヘルシーな食品やナチュラルなパーソナルケア製品を愛用している。
 天然、有機、滋養製品、食品と飲料、栄養補助食品、天然パーソナルケア製品など。
⑤自己啓発のために投資する。
 心身と精神のための製品(CD、本、テープ、セミナー)、ヨガ、フィットネス、ウェイトロス、感性を高める製品やサービスなど。
[PR]
by ju-takukoubou | 2009-04-08 14:40 | 業界コトバの散歩 
<< 健康な住まいの科学 監理と管理 >>