地域マスター工務店登録運動 Webコラム

カテゴリ
全体
住まいづくりをチェック
いい工務店との家づくり 
業界コトバの散歩 
工務店ブログ探訪
住宅道具・考 
辣腕記者のヒント
野池主義でいく 
工務店業界サーチ
住まいを歩く 
工務店設計者の日々
NARB of JAPAN 
住宅ローン審査の仕組み
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
工務店ブログ探訪
ブログの楽しみ方⑤
新建ハウジング編集長 三浦 祐成

 地域工務店は、暮らしに関する地域の「ハブ」(情報や人の集積拠点)になれるんじゃないか、実際そんな機能をすでにある程度果たしているんじゃないか、と思っています。そんな工務店の姿はまた追って紹介していきたいと思いますが、今回はもっとシンプルな話です。

 工務店のホームページやブログは、工務店が地域のハブ的機能を果たす格好のツールであり、皆さんからすると地域情報を入手できる場でもあります。ここで紹介した地域マスター工務店のブログでも、地元のちょっとした情報が紹介されています。

住宅工房 近藤社長のブログ「薪ストーブ大好き」
ゆい工房 スタッフブログ「Today'sゆい工房」

 前者は銭湯、後者はラベンダー園です。
 また、これらのブログでもそうですし、他の工務店ブログにも、おいしいお店の情報やおもしろスポット、地域のキーマンや専門家などの話がよく出てきます。もちろん家づくりの話が大半なのですが、工務店のホームページやブログはちょっとしたタウン誌として読むことができるのです。また工務店が発行している顧客向けのニュースペーパーの中には、まさにタウン誌といったものも少なくありません。

 もちろん、町の情報を伝えてくれることと、いい家をつくれることは別の話です。別の話ですが、町に暮らすなら町のお店からものを買ったりサービスを受けたいと思いませんか?
 大手ハウスメーカーがショッピングセンターだとすれば、地域工務店は町の商店街のお店です。情報通でいろんなことを教えてくれたり、相談に乗ってくれる、人を紹介してくれる。これらを暮らしの面で担ってくれるのが地域工務店で、これが僕の考える「ハブ」の一つのイメージです。
 展示場やショールームなどを地域の人たちに開放して教室やイベント・展示スペースなどに活用してもらうことで地域のリアルな「ハブ」として機能している工務店もあります。また、高齢化が進む今後は、介護やその手前の分野でも工務店の役割が増えていくのではないかな、と思っています。

新建ハウジングWEB
[PR]
by ju-takukoubou | 2009-04-08 13:54 | 工務店ブログ探訪
<< 工務店ブログ探訪 工務店ブログ探訪 >>