地域マスター工務店登録運動 Webコラム

カテゴリ
全体
住まいづくりをチェック
いい工務店との家づくり 
業界コトバの散歩 
工務店ブログ探訪
住宅道具・考 
辣腕記者のヒント
野池主義でいく 
工務店業界サーチ
住まいを歩く 
工務店設計者の日々
NARB of JAPAN 
住宅ローン審査の仕組み
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いい工務店との家づくり⑦ 大野建設(株) 大野 年司
私の目指す工務店
大野建設(株) 大野 年司

ハッピーな家づくり5つの原則
 弊社大野建設は、私の祖父が大工の棟梁としてこの行田市において家づくりを始めて100年が過ぎました。
 私はこの会社に入って家づくり36年ですが、この間に約2,500棟の新築住宅と約15,000件のリフォーム工事のお客様と長いお付合いをさせていただいております。最も古い建物はちょうど90年前に初代が施工致しました行田市のH様邸です。H様とはその後、分家の新築やリフォームで今もお付合いをさせていただいております。
 私の目指す工務店はこのように代々100年にもわたりお客様がたくさんいる工務店です。つまり、地域において、信頼され、頼りにされなくてはならない存在の工務店です。
 家を建てようとするお客様にとって、どんな家づくりがハッピーなのかを考えたとき、いくつかのあり方が考えられます。
 1つ目に、余計な心配もなく気分良く思ったとおり、約束どおりの建物ができること。
 2つ目に、この建物は安心安全という技術的信頼感。
 3つ目に、建物のことで何かあった時には、つくった工務店(業者)がすぐ来て対応してくれるという安心感を常にもっていられること。
 4つ目にその建物が長年にわたり誰が見てもその価値が落ちない家。
 5つ目に使う家族や近所の人に喜びを与えられる家。
 このような家づくりができたらそのお客様はハッピーな家づくりをしたこととなります。

いい家づくりは住んでからわかる
 おわかりのとおり、いい家づくりはその建物が存在する長期間にわたり問われるものであり、決して建てた時に安かったからとか、きれいだったからというわけにはいきません。
 このようなことをお客様と共に学習し、共有し、家づくりをするのが地域の工務店であります。
 何故ならば、地域工務店は、その地域から簡単に閉店引き上げをする事ができず、一生涯、命を賭けて自分のした仕事と共に、その土地で大手を振って生きていかなければならないからです。ただひたすらお客様に喜んでいただき、永遠に必要とされる工務店を目指します。同時に組織(企業)としてしっかりとした経営は、当然お客様にとっての信頼、あるいは社会貢献(雇用、納税等)にとって欠く事の出来ないことです。
 これには売上げ、収益が必要となりますが、お客様に求められ、必要とされる工務店であれば、それは結果として後からついてくるものと考えます。
 以上のような強くて、かつ地球環境や、地域・お客様にやさしい工務店が私の目指す工務店です。

大野建設(株) HP
[PR]
by ju-takukoubou | 2009-04-08 11:29 | いい工務店との家づくり 
<< いい工務店との家づくり⑧ (株... いい工務店との家づくり⑥ 辻野... >>